まえだ整形外科・手のクリニック

まえだ整形外科・手のクリニック

お電話でのお問い合わせ
03-5382-5577

整形外科・
リハビリテーション科

整形外科・リハビリテーション科Orthopaedic / Rehabilitation

整形外科専門医として整形外科疾患全般に対応いたします。手足、背中の痛みやしびれ、動かしにくさなどでお困りの方、ご相談ください。

このような症状で悩まれていませんか?

身体に現れる様々な症状は、それぞれに原因が考えられます。
これらの症状でお悩みなら、ぜひ一度当院へご相談ください。

首の症状
痛み・こり・だるさ
変形性頸椎症、椎間板ヘルニア
肩の症状
痛み・だるさ・こり・しびれ・
腕があがらない・ボールを投げるときに痛い
五十肩、肩腱板断裂
腰の症状
痛み・だるさ・つっぱる・こり
坐骨神経痛、椎間板ヘルニア
手・腕の症状
手外科ページを見る
股関節の症状
痛み・だるさ・しびれ・ひっかかる
変形性股関節症、単純性股関節炎
ひざの症状
痛み・はれている
変形性膝関節症、スポーツ外傷
足首の症状
痛み・はれている・しびれ
足関節捻挫、アキレス腱炎
足の症状
痛み・はれている・しびれ
外反母趾、足底腱膜炎
超音波診断装置(エコー)

超音波診断装置(エコー)を積極的に用いた診療

レントゲンやCTと異なり被曝しません。迅速な診断が可能です。その場で画面をお見せしながら説明いたします。

各種ブロック治療

各種ブロック治療

神経ブロック、関節注射、筋膜リリースなど超音波診断装置を見ながら、安全に行います

リハビリテーション

リハビリテーション

物理療法、運動療法を行います。

首の症状

くびから肩にかけての痛みやこり

当クリニックでは運動療法や牽引などの物理療法はもちろんですが、ブロック注射治療を積極的に行っております。

神経ブロックや椎間関節(くびの関節)ブロック、生理食塩水や局所麻酔薬を筋肉の間に注入して行う筋膜リリース注射などがあります。エコーを見ながら行いますので安全性の高い注射です。

レントゲンで異常はないと言われているけれど、症状が取れないという方、ご相談ください。

肩から腕にひびくような痛みやしびれ

このような症状の場合、椎間板ヘルニアなどによってくびの神経が圧迫され、炎症を起こしている可能性があります。

お薬や安静などで症状が改善しない場合、ブロック注射を行います。くび周りの神経ブロックは、以前は造影剤を使ってレントゲンを見ながら行っていたため、比較的大掛かりで時間を必要としました。また神経に針を当てる必要があったため、放散痛という鋭い痛みが伴いました。

当クリニックでは、エコーを見ながら神経や血管を確認しながら行いますので、神経に針を当てる必要がないため、痛みはあまりありません。また、周囲の血管など大事な部分を傷つける心配が少なく安全性の高い治療です。

肩の症状

肩が挙がらない、痛い

レントゲンで異常がないので、五十肩でしょうと言われ、治療を受けているが良くならないといった事はありませんか?
近年、肩の疾患の診断や治療にエコーがよく用いられるようになり、五十肩にも様々な原因があることがわかってきました。

当クリニックでもエコーを積極的に用いており、その場で画像をお見せしながら診断し、注射などの治療を行う事が可能です。

肩の症状

腰の症状

腰の痛み

腰痛の多くは原因不明で、非特異的腰痛と言われます。この非特異的腰痛の原因のひとつとして、最近は筋膜(筋肉をおおう薄い膜)の癒着が関係しているのではと言われています。

ストレッチなどの運動による筋膜リリースが話題ですが、当クリニックではリハビリテーションによる筋膜リリースだけでなく、エコーで見ながら、筋肉の間に生理食塩水や局所麻酔薬を注入する筋膜リリース注射も行っております。

足にひびく痛みやしびれ

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症など、腰の神経が障害される事によって症状が出ることが多いです。

硬膜外ブロックなどの神経ブロックが効果的な事があります。お薬や注射などで症状が改善しない場合や筋力の低下などがある場合、手術が必要となる事もあり、適切な医療機関をご紹介します。

背中が曲がってきた

X線骨密度測定装置

最近背中が曲がってきた、身長が縮んできたけれど、痛みがあまりないから病院には行っていないという方、一度整形外科への受診をおすすめします。

ころんだなどのケガがなくても、骨粗しょう症があると、知らない間に背骨が骨折している事があります。骨密度の検査や血液検査などで骨粗しょう症をチェックし、適切な治療を受ければ将来の骨折を防ぐことが出来る可能性が高くなります。当院ではX線での骨密度検査が可能ですので、ご相談ください。

膝の症状

中高年の方の膝の痛み、O脚変形など

多くは年齢にともなう軟骨の摩耗や骨の変形が起きる変形性膝関節症という病気です。年によるものだから仕方ないと言われることも多いですが、変形の程度と痛みは比例しないことも多く、変形がひどくても手術以外の方法で症状を緩和できる場合があります。

当クリニックでは、関節へのヒアルロン注射だけでなく、膝周辺の選択的神経ブロックや筋膜リリース注射も積極的に行っております。手術しか方法がないと言われている方も一度ご相談ください。

膝の症状

足首の症状

足をくじいて痛い、腫れている(ねんざ)

関節のまわりの靭帯などが傷んでいる事が多いですが、骨に異常がなければ、レントゲンでケガの程度や回復具合を診断することは困難です。

当クリニックではエコーを用いて靭帯などの損傷程度を診断し、適切な治療を行います。時間の経過とともに痛みや腫れが回復してきますが、傷んだ靭帯などがどの程度治っているのかを、診察室で画像をお見せしながらご説明します。またお子様の場合、捻挫と思っていても剥離骨折を起こしている事が非常に多いのですが、レントゲンで見逃される事があるこの剥離骨折も、エコーでの診断が有効です。

足の症状

足の指のつけねが痛い、しびれる

外反母趾や扁平足など様々な原因で足の痛みがおこりますが、しびれがあったり、激痛をともなう場合、モートン病の可能性があります。ハイヒールの常用や、中腰作業などで長時間のつま先立ちをする方に起こりやすい病気です。

機械的な刺激の繰り返しにより、神経がコブ状に腫れます(仮性神経腫)。診断にはMRIが用いられることも多いですが、特に小さなものにはMRIよりもエコー検査が有効な事があります。装具治療やステロイドの注射を行います。

足の症状

pagetop