まえだ整形外科・手のクリニック

まえだ整形外科・手のクリニック

お電話でのお問い合わせ
03-5382-5577

採用情報

ブログ

ヘバーデン結節の治療:リハビリ

当クリニックでは、手や肘のリハビリを専門とするハンドセラピストが在籍しており、ヘバーデン結節に対するリハビリも行っています。

スプリント

関節を固定して負担を減らしたり、変形の進行を予防します。

夜間にスプリントを3~6ヶ月装着することで、痛みと動きが改善したという質の高い報告があります1夜間のみであれば、あまり邪魔になりませんし、長く続けられる方が多いです。

当クリニックでは、ハンドセラピストが患者さんの指の形・ニーズにあわせ、オーダーメイドでスプリントを作成しています。

テーピング

ご自身で出来る簡単な方法です。日中にスプリントを装着出来ない方に良い方法です。

具体的な方法はコチラをご覧ください。

セルフエクササイズ・補助具の使用

変形性関節症の痛みと握力は相関するとされており、関節の動きを柔らかくしたり、握力をつけるエクササイズが有効です。

痛みをともなうエクササイズは逆効果ですので、患者さんそれぞれにあった方法を、ハンドセラピストが提案いたします。

手に負担のかかりにくい補助具もありますので、無理に力を使わず、道具に頼ることも有効です。

(文責:院長)

参考文献:

  1. Custom-made splint treatment for osteoarthritis of the distal interphalangeal joints.
    Ikeda M, Ishii T, Kobayashi Y, Mochida J, Saito I, Oka Y. J Hand Surg Am. 2010 Apr;35(4):589-93. 

当院2Fの歯医者さん阿佐谷おとの歯クリニック

pagetop