まえだ整形外科・手のクリニック

まえだ整形外科・手のクリニック

お電話でのお問い合わせ
03-5382-5577

採用情報

ブログ

ヘバーデン結節の治療:手術

ヘバーデン結節で手術が必要となることは多くはありませんが、どうしても症状がとれない場合、手術治療を考えます。

関節固定術

指の第一関節を金属で固定します。

軟骨を取り除くので、時間がたつと関節がなくなり、痛みがとれます。骨棘という余分な骨も同時に切除するので、見た目もほっそりします。

動きがなくなるのがデメリットですが、指全体の動きの範囲からすると、小さな角度です。細かな作業を必要とされる方には向かない場合があります。

骨棘切除術

ヘバーデン結節では、骨棘が痛みの原因のひとつで、手術でこれを取り除きます1

関節が動かなくなるのは困る、という方にすすめられる方法です。

関節固定術と比較し、切除出来る骨棘が限られる、痛みの緩和に時間がかかることがデメリットと言えます。

粘液のう腫切除術

ヘバーデン結節にともない発生する粘液のう腫(水ぶくれ)を切除する手術です。

絶対に取らなければいけない物ではありませんが、大きくなると皮膚が薄くなり、ちょっとぶつけたり、何もしなくても破れてしまうことがあります。粘液のう腫は関節とつながっているため、破れると外からバイキンが入り、関節の感染症をおこす恐れがあります。

手術では、粘液のう腫と骨棘を取り除きます。皮膚が非常に薄い場合、皮膚ごと切除し、皮弁という隣り合った皮膚を移動する手術も行います。

(文責:院長)

参考文献:

  1. Cheilectomy for Treatment of Symptomatic Distal Interphalangeal Joint Osteoarthritis: A Review of 78 Patients.
    Lin EA, Papatheodorou LK, Sotereanos DG. J Hand Surg Am. 2017 Nov;42(11):889-893.

当院2Fの歯医者さん阿佐谷おとの歯クリニック

pagetop