まえだ整形外科・手のクリニック

まえだ整形外科・手のクリニック

お電話でのお問い合わせ
03-5382-5577

採用情報

手の変形性関節症

手の変形性関節症についてOsteoarthritis

手の変形や使いにくさで整形外科にかかったが、

“歳だから仕方ない”
“様子を見るしかない”
“手術しかない”
“治療法はない”

と言われた経験はありませんか?手の診療を専門とする手外科専門医はまだ少なく、手の症状でお困りの方に十分な治療が提供されていないのが現状です。このページでは、手の痛みや変形を引き起こす代表的な疾患である、変形性関節症について 説明いたします。

変形性関節症って何?

軟骨の磨耗、骨の変形などにより、関節の痛みや変形が発生します。整形外科でよく治 療が行われる膝や腰と比較し、圧倒的に数が多く、特に日本人に多いとされています。

変形性関節症

原因は?

残念ながら未だ不明ですが、遺伝や環境など、様々な因子が関与していると言われています。

女性ホルモンのせい?

女性の60%に、閉経4年以内に何らかの手の症状が出現すると言われています。

女性ホルモンであるエストロゲンは炎症を鎮める作用があり、手の症状との関連が言われています。

大豆イソフラボンが腸内細菌で代謝されて作られるエクオールは、エストロゲンとよく似た作用があるとされ、更年期症状に対する治療に用いられており、 手の症状にも有効であるのではと注目されています。

エクオール

ほっとけば痛くなくなると言われたけど?

一般的に時間の経過とともに症状はおさまるとされていますが、治療を行うこと で、早めに痛みを鎮めたり、手の機能を改善出来る可能性があります。 なかには甲状腺などの病気が隠れていたり、びらん性関節症と言われる急速に関 節の破壊が進行する場合もあるため、適切な診断が必要です。

どんな治療があるの?

大きく分けて、くすりや注射、リハビリによる保存治療と手術治療があります。
このページでは、保存治療について説明いたします。

    くすり
  • NSAIDs:
      消炎鎮痛剤 いわゆる痛み止めですが、海外の変形性関節症のガイドラインでは有効と されています。
  • SERM(選択的エストロゲンモジュレーター)、ビタミンD:
      骨粗鬆症の治療に用いられるくすりですが、変形性関節症に有効である可能性がある との報告があります。
  • エクオール:
    女性ホルモンであるエストロゲンによく似た作用があり、現在注目されています。
  • グルコサミン、コンドロイチン:
    テレビや新聞等でよく宣伝されているサプリメントです。ヨーロッパではくすりとして 使用されており、効果ありとの報告があります。日本ではデータが少なく、くすりとし て承認されていないため、安全性の面からも必ずしもおススメは出来ません。
  • 注射
  • 抗炎症作用のあるステロイドを関節の中に注射します。使用する量は少量であ り、比較的安全ですが、短期間に何度も注射をすると、骨の壊死などの合併症が 起きる可能性があります。
  • リハビリ
  • 手のリハビリなんてあるの?と思われる方も多いかもしれません。リハビリという と、起き上がったり歩いたりといった移動に関するものや、スポーツ復帰のためのト レーニングなどがイメージしやすいのではないかと思います。 近年ではロコモティブシンドローム(ロコモ)が注目されており、下肢や体幹のリハ ビリが整形外科で広く行われていますが、手のリハビリ(ハンドセラピィ)は、地域 の整形外科クリニックではまだあまり行われていないようです。
  • 手の痛みや機能低下は、食事動作や着替え動作、入浴動作などの日常生活に大きな影 響をもたらしますし、人生の大きな楽しみであるスポーツや趣味にも支障がでます。 また手は体の移動には一見無関係に思えますが、立ち上がる、手すりにつかまる、杖 を持つなどの動作に重要な役割を持っています。
  • 痛みがなく(少なく)よく動く手は、生活に必須であり、当院ではハンドセラピィに 力を入れています。

ハンドセラピィには

⑴手の正しい使用法、ご自身で出来るホームエクササイズの習得
⑵手の動きを良くし、力をつけるエクササイズ
⑶手を保護し、良好な位置に保つスプリント
⑷局所の温熱効果や組織治癒を促す物理療法

などがあり、これらを組み合わせて行なっていきます。

当院では特に、経験豊富なハンドセラピストによるスプリント治療を積極的に行なっており、患者さん個人個人の手の使用法にあわせ、オーダーメイドで作成しています。

特に母指CM関節症では、スプリント治療は痛みの緩和だけでなく、変形の進行予防や 矯正にも効果があるとされています。また、スプリントとエクササイズを組み合わせ たハンドセラピィを行うことにより、 母指CM関節症患者さんの8割が手術を回避出来 たとの報告が最近海外からあり、当院でも積極的なリハビリをおすすめしています。

  • スプリント01
  • スプリント02
  • スプリント03

当院では、手外科専門医とハンドセラピストが協力し、保存治療を積極的に行なっています。
“歳だから仕方ない”“手術しかない”と言われ、あきらめていた方、お悩みの方、当院へご相談ください。

pagetop