まえだ整形外科・手のクリニック

まえだ整形外科・手のクリニック

お電話でのお問い合わせ
03-5382-5577

採用情報

麻酔科での経験を生かしたブロック治療

麻酔科での経験を生かしたブロック治療The axis of our clinical trial

麻酔科での経験を生かしたブロック治療

麻酔科でのペインクリニック診療、手術室での麻酔経験を生かし、ブロック注射治療を積極的におこなっております。くびや肩、腰などの痛みでお悩みの方はご相談ください。エコー装置の活用による安全で効果的な各種ブロック治療を行います。

頚椎椎間板ヘルニア
頚椎神経根ブロック
くびの痛み
肩甲上神経ブロック・椎間関節ブロック・トリガーポイントブロック
肩の痛み
肩関節ブロック
腰の痛み
硬膜外ブロックトリガーポイントブロック
腕の痛み・しびれ
腕神経叢ブロック
手の痛み・しびれ
神経周囲剥離注射
膝の痛み
伏在神経ブロック・膝関節ブロック
足の痛み・しびれ
神経周囲剥離注射
頚椎神経根ブロック
椎間板ヘルニアなどで障害されるくびの神経根へ注射を行います。エコーを用いる事により、短時間で安全なブロック注射が可能です。
腕神経叢ブロック
腕の痛みやしびれ、手術後の難治性疼痛などに行います。腕神経叢のそばには肺があるため、このブロックには肺 を傷つける(気胸)危険性がありましたが、エコーを見ながら行うため、安全に行えるようになりました。また、骨折や脱臼の整復にもこのブロックを用い、患者さんが出来るだけ痛みを感じないように処置をいたします。
肩甲上神経ブロック
くびから肩にかけての痛みに行います。従来は骨からの距離や触診に頼って針をさす場所を決めていましたが(ランドマーク法)、エコーで神経周囲の血管や靭帯を確認出来るようになったため、より正確な注射が可能となりました。
硬膜外ブロック
当クリニックでは、主に腰が原因の下肢の症状に対して硬膜外ブロックを行っています。
関節ブロック
肩や肘、膝や足首などの関節にヒアルロン酸やステロイドなどを注射します。エコーを見ながら行いますので、確実に関節の中に注射をすることが出来ます。
末梢神経疾患に対する神経周囲の液性剥離注射
手根管症候群など末梢神経がしめつけられて生じる症状(絞扼性神経障害)に対し、神経のまわりに注射をすることで、神経のしめつけを軽減する方法です。
トリガーポイントブロック(ハイドロリリース)
以前は、くびや腰など、痛い部位に局所麻酔を注射していた方法です。エコーを見ながら行うことで、より安全で正確な注射が可能となりました。生理食塩水を用いたハイドロリリースも行っています。(保険適応)
pagetop