まえだ整形外科・手のクリニック

まえだ整形外科・手のクリニック

お電話でのお問い合わせ
03-5382-5577

採用情報

ブログ

手くびの痛み TFCC損傷って何?

手くびの小指側が痛む(尺側部痛といいます)病気・ケガはたくさんあります。なかでも多いのがTFCC損傷です。ここではTFCCの構造・役割、症状、治療などについて説明いたします。

TFCCって?

TFCCは、日本語で「三角線維軟骨複合体」と言います。何やら複雑な名前ですね。手くびの小指側にあります。複数のパーツで構成されています1が、主なものは2つです。

三角線維軟骨

浅い部分にある「三角線維軟骨」はハンモックのような構造をしており、TFCCの先にある手根骨という複数の骨を支えるクッションの役割を持っています。

橈尺(とうしゃく)靭帯

深い部分にあるのが「橈尺(とうしゃく)靭帯」で、橈骨と尺骨をつなぐヒモです。馬車と馬をつなぐ手綱のような役割を持っており、腕を回した時に2つの骨が離れ離れにならないよう働きます。手の位置によって、緊張したり、ゆるんだりします。

なぜTFCCはいたむの?

転倒して手をついてのケガが多いです。写真のように、手くびが反った状態で、小指側に衝撃が加わると損傷が発生します。

しかし、明らかなケガがなくても痛むことがあります。
無症状の人に手くびのMRIを撮影したところ、35歳以下でも50%の人にTFCCの変化を認めたとする報告があります2
そのため、ちょっとしたきっかけで痛みが出ることもあるのです。

症状は?

手くびの小指側が痛みます。

ハンモックが破れると、手くびを小指側に倒す動作(重いものを持ち上げる、パソコン操作など)で痛みが出ます。

手綱が切れると、腕を回す動作(ドアノブを回すなど)で手くびが不安定になり、痛みが出ます。

 

どうやって診断するの?

診察

もっとも重要です。圧痛(押すと痛い)の場所や、手くびの安定性を詳細に診察します3

MRI検査

TFCCの画像診断では、よく行われる方法ですが、落とし穴があります。

前述したように、年齢を重ねると、TFCCは無症状でも何かしらいたんでいる事が多いのです。
痛みの原因を診察でよく探さず、安易にMRIを行うと誤診してしまう可能性があります。

あくまでもMRIは、診察結果を確認するための手段のひとつでしかありません。

治療はどんな物があるの?

TFCC損傷にはハンモックが破れるもの、手綱が切れるもの、両方いたむもの、と非常に多くのタイプがあります。手術が必要なことも、不要なこともありますが、まずは手術以外の治療から始めます。

スプリント・リハビリ

スプリント(装具)により、手くびを固定します。患者さんの症状や損傷のタイプ、お仕事や生活スタイルに合わせ、ハンドセラピストがオーダーメイドで作成しています。

痛みなどの症状を確認しながら、スプリントを軽いものに変更しつつ、再発防止のための筋力訓練などのリハビリも同時に行っていきます。

手術

TFCC損傷の手術は関節鏡(手くびの内視鏡)を用いたものが主流です。

※当クリニックには関節鏡設備がありませんので、手術が必要な場合は、関節鏡手術の経験豊富な提携病院・医師へ責任を持って紹介いたします。

TFCC損傷と診断されたけど、なかなか治らない!

手くびの小指側の痛みには、非常に多くの原因があります。「手の腰痛」とも呼ばれ、原因不明と言われてしまうことも多いのです。

MRIでTFCC損傷があっても、必ずしもそれが原因とは限りません。なかなか良くならないという方は、お近くの手外科専門医の診察をお受けになることをオススメいたします。

(文責:院長)

関連ブログ

参考文献

  1. Stability of the distal radioulna joint: biomechanics, pathophysiology, physical diagnosis, and restoration of function what we have learned in 25 years.
    Kleinman WB. J Hand Surg Am. 2007 Sep;32(7):1086-106. Review.
  2. Prevalence of triangular fibrocartilage complex abnormalities on MRI scans of asymptomatic wrists.
    Iordache SD, Rowan R, Garvin GJ, Osman S, Grewal R, Faber KJ. J Hand Surg Am. 2012 Jan;37(1):98-103.

  3. Physical Examination of the Wrist: Useful Provocative Maneuvers.
    Kleinman WB. J Hand Surg Am. 2015 Jul;40(7):1486-500. 

当院2Fの歯医者さん阿佐谷おとの歯クリニック

pagetop