まえだ整形外科・手のクリニック

まえだ整形外科・手のクリニック

お電話でのお問い合わせ
03-5382-5577

採用情報

ブログ

母指CM関節症の手術方法

母指CM関節症は、スプリントやリハビリ、注射といった保存治療により多くの方は改善します。しかしどうしても症状が取れない場合、手術治療を検討します。ここでは、代表的な手術方法をご紹介いたします。

1.変形が進行している場合:関節形成術

母指CM関節は、土台の大菱形骨、上に乗っかる第一中手骨から構成されます。

関節の軟骨がほぼ消失していたり、骨の変形が強い場合、「関節形成術」を行います。

大菱形骨を摘出し、自分の腱やインプラントを用いて、第一中手骨を吊り上げます。
骨同士の接触がなくなり、出来たスペースに自分の腱を充填することで、新たな関節が出来、痛みが改善します1-2

手術手順は、以下のイラストをご覧ください。

当クリニックでは、昭和大学整形外科の川崎恵吉教授が考案された方法(ハイブリッド法)を行っており、良好な結果がすでに報告されています3

「自分の腱」「ボタンと糸で構成されるインプラント」の2つで第一中手骨を吊り上げる事により、関節の安定性を上げています。

従来は手術後1ヶ月程度の固定が必要でしたが、この方法により、手術後1~2週間で固定を外す事が可能となりました(夜間や外出時は固定をしていただきます)。

2.変形が比較的軽度な場合:骨切り術

母指CM関節症では、2つの骨をつなぐ靭帯がゆるんでおり、関節が不安定になっています(亜脱臼)。

第一中手骨の形状を骨切りによって変え、関節に加わる力の方向を正常に近づけるのが、「第一中手骨骨切り術」です。

ご自分の軟骨を生かせるのがメリットですが、この手術が出来る条件として、
 ・軟骨が比較的残っている(MRIなどで評価します)
 ・亜脱臼が戻せる(透視装置などで確認します)
といった要素があります。

骨切りした骨を、チタン製のプレートで強固に固定することにより、関節形成術と同様、手術後1~2週間の固定で済みます。

3.変形がない場合:靭帯再建術

若い方に多いのですが、軟骨のすり減りも、骨の変形も一切ないのに痛いという方がおられます。

原因は生まれつきの靭帯のゆるさである事が多いです。ほとんどの方は、装具やリハビリ治療を徹底して行えば良くなるのですが、半年以上治療を行っても改善がない場合、手術を検討します。

軟骨は正常なので、骨を取り除いたり切ったりはせず、ご自分の腱で新しい靭帯を作ります4

関節を固定したワイヤーは4〜6週間で抜去し、リハビリを開始します。

まずはハンドセラピィ!

母指CM関節症の手術方法を解説させていただきましたが、手術が必要となる方は、全体の20-30%とされています。手術をしないで済むなら、それに越したことはありません。

当クリニックでも、安易に手術をオススメすることはしておらず、リハビリを中心とした手術以外の治療を積極的に行っています。詳しくは以下をご覧ください。

母指CM関節症のリハビリ 〜手術を回避できるかもしれません〜

(文責・イラスト:院長)

参考文献:

  1. Ligament reconstruction tendon interposition arthroplasty for basal joint arthritis. Rationale, current technique, and clinical outcome.
    Tomaino MM. Hand Clin. 2001 May;17(2):207-21. Review.

  2. Suture Suspension Arthroplasty for the Treatment of Thumb Carpometacarpal Arthritis.
    Weiss AC, Kamal RN, Paci GM, Weiss BA, Shah KN. J Hand Surg Am. 2019 Apr;44(4):296-303. 

  3. 母指CM関節症に対するLRTI法とSuture-Button suspensionplastyの併用手術―Hybrid suspensionplasty.
    川崎恵吉, 稲垣克記,根本哲也,筒井完明,黒田拓馬,坂本和歌子
    日本手外科学会雑誌 34(6): 1065-1068, 2018.

  4. 疼痛の原因として関節不安定性が疑われる母指 CM 関節症に対する新しい靭帯再建術.
    萩原祐介,稲田有史,諸井慶七郎,森本 茂,吉田 竜, 中村達雄
    日本手外科学会雑誌 36(6): 927-931, 2020.

当院2Fの歯医者さん阿佐谷おとの歯クリニック

pagetop